nitterは危険ではない?使い方・使えない時の対処法を解説

2022-12-26 /
momoka

nitter" をご存知ですか?

nitterはTwitterの検索エンジンで、広告を排除してデータ量を抑えたツイートを閲覧することができます。

Twitterの利用が制限されている学校に配布される端末でも利用でき、タイムラインをRSS化できるなどの利点があります。

しかし一方で、「nitterは危険なサイトだ」という噂があるのも事実です。

そこで今回は、"nitterは危険なのか?""なぜわざわざnitterを使うのか?"といった疑問について調査し、まとめてみました。

Nitterの危険性を検証

ここからは、Nitterの危険性について検証します。

運営者が誰なのかわからない.

広告はありませんが、nitterが100%安全とは言い切れない理由があります。

それは、運営者が知らないという大きな問題があるからです。

nitterを運営している組織や個人の名前が詳細ページのどこにもないのです.

一般に、このようなサイトは、トラブルに巻き込まれると簡単にサイトを閉じて逃げてしまうので、危険です。

一方、nitterの場合、「マトリックス」というオープンネットワークで運営者に連絡できるようなので、悪意を持って名前を表示していない場合はわからないというのが実情です。

nitterは普通のTwitterが使えない人向け?

では、なぜあえてnitterを使うのか?

答えは、Twitter��使えない人でも、nitterなら使えるかもしれないからです。

実は、TwitterはJavaScriptが有効でないと使えません。

そのため、JavaScriptを無効にすることで、子どもたちのTwitterの利用を制限することが可能です。

一方、nitterはJavaScriptを使用していないため、間接的にTwitterにアクセスできる可能性があります(*)。

* VPNや広告ブロックによりブラウザのフィンガーポイントが隠されている場合、データトラッキングができない可能性があります。

Nitterの登場


Nitterは自らを「プライバシーとパフォーマンスに焦点を当てたフリーでオープンソースの代替Twitterフロントエンド」と表現しています。Nitterについては以前から知っていましたが、開発者がロードマップで計画しているようにアカウントフォローを実装するのを待っていたため、適切に使用することを先延ばしにしていました。

最近になって、ハンドルネームの間にカンマを入れることで、複数のアカウントを一度に表示できることに気がつきました。私はiPhoneでソーシャルメディアを閲覧することが多いので、Nitterでも同じようにしたいと思いました。問題は、誰かをフォローしたりアンフォローしたりするたびに、safariでURLを編集するのは恐ろしい経験だということです。

Siri ShortcutsはiOSの強力な自動化ツールです。まだ使っていないなら、一度試してみることをお勧めする。私は2つのシンプルなショートカットと、AppleのデフォルトのメモアプリケーションにあるNitterというメモを使って、購読の管理をより快適な体験にしています。


Nitterを開く


Nitterノートは、私がフォローしたいアカウントのリストです。それぞれのユーザーネームは改行され、"@"記号はありません。

作った最初のショートカットは、各ユーザー名をセパレータとしてコンマで結合し、Safariで開く前にそれを私の選んだNitterインスタンスに追加するものでした。Nitter Noteに変更を加えるたびに拡張機能を実行しなければならないが、その時点で思いついた最良の解決策である。

Nitterでフォローする


SiriショートカットはiOSでは本当に面白いソリューションで、もう少し遊んでみたくなりました。2つ目のショートカットは、ショートカットの中で何ができるかということを考えるためのものでした。

例えば、サファリでNitterをブラウズしているときに、フォローしたいプロフィールに出会ったとします。共有メニューを開き、「Follow on Nitter」ボタンを押すと、そのユーザーのユーザー名が即座に僕のNitterノートに追加されます。新しいアカウントをフォローした後も、最初のショートカットを実行すれば、すべてが更新されます。

まとめ

今回は、nitterの危険性と効果的な使い方についてまとめてみました。

nitterには操作者など不確定要素がありますが、実際に被害があったという報告はないので、危険度は高くないようです .

そして、nitterを使う意義は、Twitterの利用が制限されている学校で配布される端末で使えること、RSSに変換できることだとわかりました .

100%安全とは言い切れないので、結局は個人の判断になりますが、人によっては非常に有効なツールになるのではないでしょうか。